海外CFD比較・おすすめCFD業者をプロが解説

海外CFDとは?

海外CFDとは

外国に本社がある海外FX業者でCFD商品のトレードをすること

を言います。

日本の金融庁に登録していない海外FX業者で、CFDトレードをすることを「海外CFD」と言います。

海外FX業者は、CFD商品を扱っているの?

扱っています。

代表的な海外FX業者を参考にすると

XMTradingの取引できるCFD商品

先物商品
  • ココア
  • コーヒー
  • トウモロコシ
  • コットン
  • 大豆
  • 佐藤
  • 小麦
株式指数
  • AUS200(オーストラリア株価指数200)
  • EU50(ヨーロッパ株価指数50)
  • FRA40(フランス株価指数40)
  • GER40(ドイツ株価指数40)
  • HK50(香港株価指数50)
  • IT40(イタリア株価指数40)
  • JP225(日経225)
  • NETH25(オランダ株価指数25)
  • SPAIN35(スペイン株価指数35)
  • SMI20(スイス株価指数20)
  • UK100(イギリス株価指数100)
  • US100(米国ナスダック株価指数100))
  • US30(ダウジョーンズ)
  • US500(米国S&P株価指数500)
貴金属
  • ゴールド
  • シルバー
エネルギー
  • ブレント原油
  • ロンドン軽油
  • 天然ガス
  • 原油(WTI)

などを扱っています。

XMTradingよりも、多くのCFD商品を扱っているHotForexでは、数が多すぎてすべて紹介できないため、種類だけ紹介すると

HotForexの取引できるCFD商品のジャンル

  • 金属
  • エネルギー
  • インデックス
  • 株式(外国株)
  • コモディティ(先物)
  • 債券
  • DMA株式
  • ETF(海外の上場投資信託)

などがあります。

また、AXIORYTitanFXなど、主要な海外FX業者では「仮想通貨」も、CFD商品の一つとして、トレードすることができます。

このように海外FX業者でCFD商品のトレードをすることを「海外CFD」と呼びます。